女性カイロプラクターの教育向上と発展を目指すソフィアカイロプラクティッククラブの活動報告や雑記などを更新します。






スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『腰痛』・・どのように患部を探していくのか?
皆さん、こんにちはうさぎ

こちらのコーナーでは二月に一度行われる勉強会の報告をしていきたいと思います。

勉強会に参加できなかった場合など、気になる内容はこちらでチェックしてくださいね。

今回は3月18日(日)に『腰痛』・・どのように患部を探していくのか?というテーマで行われた勉強会の報告をしたいと思います。


ひとえに腰痛といっても様々な種類があります。
その中でも、多くを占める筋肉性の痛み、仙腸関節の痛みなどをあげ、それらはどのように鑑別していったらよいか、ということを話し合いました。

まず検査を始める前に、患者さんにご自身の状況を細かくうかがいます。これは問診といわれるものですが、患者さんの細かい情報を知ることで、どこが原因の痛みなのか、だいたいの予想をすることができるとても大切なものです。

今回の参加者はまだ問診を行ったことのない学生さんたち中心だったので、もし自分が施術をする側だったら、施術前に患者さんからどんな情報を知りたいか?という題目を掲げ、意見を述べてもらいました。すると・・

 ① 痛い場所
 ② なぜ痛めたのか? (原因)
 ③ いつから痛いのか?
 ④ どういう姿勢で痛いのか?
 ⑤ 仕事は何をしているのか?
 ⑥ 治療をしたりレントゲンを撮ったことはあるか?

などがあがりました。

実際の問診においてこれらの質問が全てではありませんが、皆さんにあげてもらった①から⑥の項目は最も大切な情報の中の一つといえます。


次に、なぜこれらの情報を知りたいのか?これらの情報を知ることで何がわかるのか?ということを話し合いました。

              
                   フクタロー フクタロー フクタロー フクタロー フクタロー フクタロー フクタロー  
  

初回報告としてはとても長くなってしまいそうなので、続きは改めてアップいたします。

カイロプラクティックを勉強している皆さんもなぜこれらの情報が大切なのか考えてみて下さい♪

それではまた

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

はじめまして^^

私のカイロプラクティックサイトで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://healthy.livedoor.biz/archives/50300663.html
です。

これからもよろしくお願いいたします^^
【2007/03/26 15:40】 URL | カイロプラクティックニュース #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://scc2006.blog96.fc2.com/tb.php/1-f04e61b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。